観葉植物に癒されよう

浴室で観葉植物を育てる条件

観葉植物にはリラックス効果なども期待出来るので、リビングに置いているという人も決して珍しくありません。
ただ本来はリビング以外にも置く事が出来る品種も有ります。
とはいっても、その場所の環境に合っている物を選ぶというのが重要なポイントになるという事を知っておきましょう。

浴室に観葉植物を置くのであれば、まずは高温多湿にも耐える事が出来る品種を選ぶ事が重要です。
また窓があるかどうかでも変わって来ますが、もし窓が無い場合は日当たりをあまり気にしなくても大丈夫な物を選ぶ必要があります。

また中には浴室に置いておく事が出来るという物でも、いつまでも日当たりの悪い場所に置いておくと葉の色が悪くなってしまうという物も珍しくありません。
出来るだけきれいな状態を保つ為にも、それぞれの植物に合っている環境に置く、注意点は守るという事が必要です。
そうすれば浴室と言う環境であっても観葉植物を置く事は可能だし、勿論いつまでも育てる事もできます。

浴室で観葉植物を育てる場合

浴室で観葉植物を育てる場合、高温多湿を好み日陰にも耐えられる種類を選ぶようにします。
また、浴室に窓があるかないかによっても明るさや日照条件が変わってくるため、環境に合わせて観葉植物を選ぶ必要があります。
窓がある場合は、光が入るため、比較的簡単に育てることが可能です。
種類としては、アスパラガス ・スプレンゲリーやアジアンタム、ツデー、プテリス、ポトス・ライムなどがあります。
窓がない場合には、アグラオネマやスパティフィラム、アスプレニウムなどの退陰性が強い種類を選ぶ必要がありますが、長期間日光に当てないと弱ってしまうため、週に3日から4日は、レースのカーテン越しくらいの明るい日陰で日光浴させます。
浴室で観葉植物を育てる際には、風通しをよくしておくことがポイントです。
日頃から窓を開けたり、浴室の扉を開けて風通しを良くします。
無風状態では空気がよどむため健全に育てることができず、蒸れから病気になったり、枯れてしまうこともあります。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/5/1