観葉植物に癒されよう

観葉植物の手入れのポイント

観葉植物の手入れで大切なポイントの1つは水やりです。
最も基本的かつ大切なことは、土が乾いてからたっぷりの水をやることです。
逆に言えば、乾いていないときは水をやらないようにするということです。
また受け皿に水が溜まった場合は、その水をそのままにせず必ず捨てるようにしましょう。
常に土が湿った状態の場合、観葉植物は根が育ちにくく貧弱になってしまいます。
必ず乾いてからたっぷり水をあげ、また乾いてからあげることを繰り返すようにします。
土が乾いている状態の時に、根は水を求めて伸び広がっていきます。
その状態になって水を与え、そしてまた乾燥させて根を伸ばす、この繰り返しによって健全に観葉植物は育ちます。
どのくらいの時間で乾くのかは植物によって異なりますので、慣れるまでは実際に土に触って湿っていないかどうかを確かめてから水やりをすると失敗が少なくなります。
触ったり土の色を観察したりと、最初はこまめな手入れをするようにしましょう。

観葉植物の手入れ方法について

観葉植物は、通常の植物と同じように空気と水と光が生育に必要な条件です。
空気はどこでもありますが、水やりと光を左右する置き場所などの手入れ状況により生育状態が変わってきます。
水やりでの手入れの基本は、土が乾いたらたっぷりとあげることです。
土の乾き方は、観葉植物の種類や置かれている状況により異なるため、それぞれの鉢を自分で確認しながら水やりをする習慣をつけることが大切です。
土の中に指の第一関節くらいまで入れて、何もついてこなければ乾燥している状態です。
水を上げた際に受け皿に出た水は必ずに捨てるようにします。
植物にとって常に湿っている状態は良くなく、溜まった水は病害虫の原因になります。
観葉植物はもともと室内でも行くできる品種が選ばれていますが、品種よって強い光を好むタイプから半日陰でも大丈夫なタイプまで様々です。
そのため、品種に合わせて置き場所を選ぶようにします。
寒さに弱いため、基本的には冬場は室内に置くようにします。

Valuable information

名古屋のフィットネス案内
https://www.energy-gym.com/

Last update:2017/5/1