観葉植物に癒されよう

観葉植物に肥料を与える場合

観葉植物に肥料を与える際には、観葉植物の状態に合わせて与えるようにします。
肥料には、窒素、リン酸、カリウムの3大要素が含まれています。
窒素は葉や茎を育て、リン酸は花と果実を育て、カリウムは根や茎を育て病気や害虫に対する抵抗力をあげる働きがあります。
他にもカルシウムやマグネシウム、硫黄、鉄、銅などが含まれています。
葉に元気がなかったり、茎が細く弱々しい場合には、窒素、リン酸、カリウムの比率が同じくらいのタイプを選ぶようにします。
比率が同じくらいの肥料は、養分のバランスが良いため、株を充実してくれます。
また、あらゆる植物に適しているため、種類を問わずに元気にしてくれます。
花を咲かせたい場合には、リン酸が多いタイプを選ぶようにします。
花を咲かせるためには、リン酸が多く必要となるため、リン酸の比率が高いものを選ぶことで花つきがよくなります。
卓上サイズの観葉植物の場合は、根や植物に負担が少なくなるように低濃度タイプを選ぶようにします。

観葉植物におすすめの肥料

インテリアとして人気の観葉植物は、置いておくだけでさまざまな効果をもたらします。
しかし、元気がなければ見た目にも悪くなってしまいます。それを改善するために必要なのが肥料です。
肥料には三大要素と呼ばれる成分があります、タンパク質を作り緑葉素の元になる成分で茎や葉を育てる窒素、植物の細胞質になり花や果実を育てるリン酸、植物全体の育成に必要で根や茎を育てて病気や害虫に対する抵抗力を上げるカリウムです。市販の肥料は製品によってこれらの配合が異なってきます。
観葉植物の葉が元気がないときには全ての比率が同じぐらいの製品を選んでいきます。万能タイプであり、植物の種類を問わず効果があります。花を咲かせたいときにはリン酸の高いものを、小型タイプの植物には低濃度の製品を選び、大型タイプは高濃度を選んでいくなど観葉植物の種類や大きさなどによって変えていきます。
与え過ぎたりほかの肥料と混ぜてしまうと植物を枯らしてしまう原因となってしまうため注意が必要です。

Favorite

塾を大網の辺りで検討

最終更新日:2018/8/22