観葉植物に癒されよう

観葉植物は生き物です

比較的小型で場所をとらず、見た目もユニークで可愛らしいという風に、魅力的な観葉植物はたくさんあります。見た目に関して言えば、工夫が凝らされハイセンスにアレンジされた作品が本当に多く出回っており植物の魅力をより引き立てています。ハンギングタイプなどのガラスの容器にチランジアをいれたものや、何種類かの多肉植物を寄せ植えにしたジオラマ風のものなど、とても素敵なインテリアです。
しかし、見た目の美しさばかりを重視していては肝心の植物は長生きしてくれません。当たり前のことですが、植物も生き物なのです。
たとえば、ひたすら外見的な美しさだけを追求した住居を想像してみてください。それは実際にそこに住む人間にとって快適な場所でしょうか。もちろん外見的な美しさを求めるのは悪いことではありませんが、見た目の良さと住み心地の良さのバランスを考えることは大切なはずです。
観葉植物の栽培環境についてもこれと同じことが言えます。観葉植物は人の目を楽しませてくれますし、美しいものは人の心の栄養となるでしょう。しかしその美しさが植物にとっても栄養になるわけではありません。それぞれの性質を無視した扱いを受け、適切な世話をされなければ植物はやがて弱って枯れてしまいます。
魅力的なインテリアとして観葉植物を選ぶのなら、その植物の生き物としての性質についても勉強し長い付き合いをしたいものです。

観葉植物!枯れないもの!

観葉植物を育てたいけど、枯れてしまう、世話が大変そう等、おしゃれに部屋に置きたくても、なかなか育てる気になれないという方も多いです。
枯れにくい観葉植物は、初心者の方にも向いていて、手間をかけることも少なくてすむので人気を集めています。
観葉植物は部屋に置くことで、風水的にも良いとされていて、癒しの効果、リラックスの効果もあります。
空気をきれいにしてくれる働きもあります。
観葉植物の中でも育てやすいと人気なのは、「幸せを呼ぶ木」としてよく知られているガジュマルです。
乾燥に強く室内で育てやすいです。
日陰にも強く、冬越しは5度程度の気温が必要です。
ガジュマルは費用をあまり与える必要もありません。
5月から10月は、多湿を好む性質のため、葉にも鉢土にもたっぷり水やりをすることが大切です。
冬は水やりを控えめにし、鉢土を乾燥気味にしておくのがいいでしょう。
ガジュマルは、日光を好みます。
日光が不足すると歯の色が悪くなるので、5月から9月の生育期には、外に出して丈夫な株にすることが大切です。
夏の暑い日には直射日光に当てると、葉が焼けてしまうので、半日陰や、明るい室内に置くのがいいでしょう。
耐性があり、性質は強く育てやすい植物です。

おすすめWEBサイト 5選

宇都宮 マウスピース矯正
adhdアスペルガー
医学部 予備校

2018/5/11 更新